ビクトリアでアフタヌーン・ティとバンクーバーでスティーブストンを食す

ビクトリア

英国調の街ビクトリア

バンクーバーで日系カナダ人ルーツ

旅のモデルコース

一年中多くの人が訪れるビクトリア、秋は清々しい気候、冬でも暖流に囲まれているので比較的温暖で雪が降る事も少ない街。本格的なアフタヌーン・ティで優雅な英国風の雰囲気に浸りったあとは、写真映えするスポットを散策。マーケットをぶらりと歩くのも楽しい。マーケット・スクエアは通年、春~初秋に開いているバスチョンスクエア、ビクトリア・パブリック・マーケットなどなど・・
翌日はバスとフェリーでバンクーバーへ。波のリズムと風を感じながらカナダ大陸が近づいてきます。海や山、森に囲まれたバンクーバーは地元の新鮮な食材に恵まれて食の宝庫です

1日目 バンクーバ着後、空路ビクトリアへ。着後は州議事堂やエンプレスホテル、ガバメント・ストリートなど、英国調の雰囲気たっぷりの街並みを散策したり、ロイヤルBC博物館で実際に触れながら(ガラスのショーケースに入っていない展示)自然史・人類史を知ることができる体感型の博物館もお勧めです<ビクトリア泊>
2日目 マーケット巡りなどでお店の人とコミュニケーションをとりながら買い物など楽しみ方は様々。市場巡りはマーケットスクエア、ビクトリア・パブリック・マーケット、バスチョン広場などで時期や曜日にご注意ください
昼はエンプレス・ホテルのアフタヌーン・ティを。。。美味しい紅茶、風味豊かなスコーンなどで伝統の味をご堪能下さい<ビクトリア泊>
3日目 午前中、四季折々の美しい庭園・ブッチャードガーデンと市内観光。午後はビクトリア→バンクーバーはバスとフェリーで約3時間45分。海を渡りバンクーバーへ。船上ではデッキに上がり近づいてくる大陸、四方に広がる海を感じて下さい<バンクーバー泊>
4日目 近郊のフレーザーバレーやワイナリーと漁港の街スティーブンストンへ(時期や曜日により訪問順序が変わる事がございます)フレーザー渓谷は肥沃で様々なフルーツの栽培がされ、フルーツワインも人気です。4月はチューリップ・フェスティバルが開催され地元人にも親しまれているスポットです。 スティーブストンではテラスで海風に吹かれながらシーフードを食べたり、ボードデッキの散策も楽しい<バンクーバー泊>
5日目 バンクーバー空港から日本へ<機中泊>

弊社ツアーは安心してご旅行して頂ける体制を心がけております。緊急時にはカナダ国内提携会社で日本語による電話サポートもございます
観光などをプラスした宿泊に変更等、アレンジも致します。出発希望日がございましたらお問い合わせ下さい

ビクトリア

英国調

イギリス領時代の面影が残った街には歴史を感じさせる建造物も多く、写真映えするスポットも多数
*ロイヤルBC博物館・・模型で再現された太平洋岸の荒波や原始林の中を歩きながら歴史と自然を観覧く
*アフタヌーンティー・・格式あるホテルで季節に合わせたセイボリーとスイーツをおいしい紅茶を。。至福の時間を楽しみましょう
*ブッチャード・ガーデン・・四季折々の美しい庭園。春から夏には沢山の花を、秋には紅葉を観賞できます

バンクーバー

街

日本からの玄関口、自然と都市が見事に融合された街。多様な文化が寛容に混ざり合い、気候も温暖で自然環境にも優れており、1年を通して過ごしやすい気候で夏でも平均気温は18℃ほど・・。スタンレーパーク内は水族館や動物園もあるので、家族でも楽しめます
ギャスタウン・・蒸気時計が名物で石畳の道路やレンガ作りの建物が立ち並ぶレトロな町並みが楽しめる

日系カナダ人のルーツを探る

スティーブストン・・・新鮮な海産物を直接漁師さんから購入したり、揚げたてのフィッシュ&チップスやシーフードを港町の風を感じながら食べ歩き、海沿いの屋外テーブルで開放感あるレストランで食事もできます。季節により揚げられる魚介が異なり5月はボタン海老、エビ、ウニなども見かけます
この地は日系人達によって漁業が盛んに行われ、缶詰工場(Gulf of Georgia Cannery、1979年閉鎖)はカナダ国定史跡に指定された漁業博物館(入場料必要)です
市内からは電車・カナダラインとバスで約1時間少し。バンクーバー空港からほど近い場所です
ホエールウォッチング・ツアーはシャトルのピックアップサービス(要予約)が市内からあります

写真提供:BC州観光局,ビクトリア観光局,リッチモンド観光局