バンクーバーからVIA鉄道で行くカナディアンロッキー観光

カナディアン号

カナダVIA鉄道で行くジャスパーとバンフ

人気寝台鉄道に乗車してカナディアンロッキーへ

大陸横断列車・VIA鉄道カナディアン号

バンクーバー⇔トロント間約4500kmを3泊4日で走る豪華列車。人気が高いロッキー山脈越えは景色がよくゆったりとした旅の醍醐味!雄大な景色と大自然のパノラマの美しさを車窓から楽しみながらジャスパーへ。神秘的な湖、万年雪に覆われた連峰と大氷河が点在するコースは世代を問わず人気*10月下旬~5月頃までは夏季より料金が低く設定されます<写真提供:VIA鉄道>

旅のモデルコース

2022年10月現在の航空機や鉄道の運行状況を元に作成しております。コロナ感染症の収束状況などによりスケジュール変更の可能性もございます。又、観光などをプラスした宿泊に変更等、アレンジも致します。出発希望日がございましたらお問い合わせ下さい

1日目 夕方:バンクーバー市内ホテルから混乗車でVIA鉄道駅へ
カナディアン号でジャスパーへ<車中泊>
2日目 午後:マウント・ロブソンが車窓から見えてくるとジャスパーももうすぐ。着後、ホテルへ*バンクーバーとジャスパーの時差は1時間です<ジャスパー泊>
3日目 終日フリー。ゆっくりと街歩きを楽しむも良し、ウィスラーズ山、マリーン湖、マリーン渓谷などに出かけるも良し。ご自身のプランでお楽しみ下さい<ジャスパー泊>
4日目 朝:バスターミナルから定期バス(英語)でカナディアンロッキー観光をしながらバンフへ向かいます。途中、コロンビア大氷河で雪上車に乗車、スカイウォーク、レイクルイーズに立ち寄ります
夕方:バンフ着<バンフ泊>
5日目
6日目
終日フリー。夏は登山、冬はスキーで賑わうリゾート地。街から美しい山並みを眺めながら滞在を楽しんだり、ハイキングでアクティブに過ごすのもおすすめです<バンフ泊>
*滞在をレイクルイーズにする事も可能です
7日目 混乗車でカルガリー空港へ(2022年10月現在、カルガリー⇒日本への直行便の運航はございません。バンクーバー経由、もしくは米国西海岸経由で日本へ)

弊社ツアーは安心してご旅行して頂ける体制を心がけております。緊急時には現地提携会社で日本語による電話サポートもございます

ジャスパー

ジャスパー街

標高約1,064m、アサバスカ川や国道16号線(Yellow Head Highway)に沿った細長い町。中心のコンノート(Connaught)通りはホテル、レストラン、ギフトショップが軒を連ね、大自然に囲まれた静かなリゾート地。町を中心に10,878km2が1907年に国立公園となり大きさはカナダ最大。光が少なく、暗い空を見るのに最適なこの街はダーク スカイ保護区に指定され、秋にジャスパー・ダーク・スカイ・フェスティバルが行われます(2022年は10月14日~23日)

コロンビア大氷河

雪上車

コロンビア山を中心として広がる氷原で約325k㎡、氷の厚さは最大約350m。コロンビア大氷原のアサバスカ氷河はバンフから182Km、ジャスパーからは105Kmに位置し、シーズン中は巨大なキャタピラの雪上車による観光ができます。この地域は道路の標高が高いため、雄大な美しい山岳風景を間近に見ることができます。氷上を走る雪上車のタイヤ径は約1.5mの特殊車両に乗ってアサバスカ氷河に・・。溶けた水は北は北極海、西は太平洋、東はハドソン湾、南はメキシコ湾に注ぐ北米大陸の分水線となっています

グレーシャー・スカイウォーク

雪上車

サンワプタ渓谷に張り出したガラス貼りのプラットフォームを歩くと、眼下の谷底とカナディアン・ロッキーの美しい山、青い空が一望!足を踏み出せば谷の上を空中散歩しているかのような感覚に・・スリルと感動のガラス橋です