icatch

ベイル

スキーもショッピングも堪能できる米国雑誌アンケートNO.1リゾート、バラエティ豊富な斜面と広大なゲレンデはリピーターが多いのも納得です。


ゲレンデは3エリアから成ります。

街側に面したフロントサイド、
その裏側にバックボウル、
ボウルを挟みブルースカイ・ベイスン。

ベイルのベースエリアは2500mの高地にあり、雪不足の心配が少ないのも魅力です。

現地発着パッケージ

1
午後
日本よりデンバーへ。入国手続き。
シャトルバスバスでベイルのホテルへ。<ベイル泊>
2~5終日 4日間、スキー&スノーボード。<ベイル泊>
6
午前
シャトルバスバスで空港へ。
空路、日本へ。<機中泊>

現地パッケージに含まれるもの 費用に含まれないもの
1.エバーグリーンロッジ(5泊・2名1室)
2デンバー空港⇔ベイル往復シャトルバス費
1.航空券代.
2.各国出入国諸税費・空港使用料等
3.個人的費用

2名様でのお一人様料金
2016年11月20日~12月6日 ¥85,000
2016年12月7日~12月24日 ¥99,000
2017年1月4日~1月25日 ¥115,000
2017年1月26日~3月21日 ¥120,000
2015年3月22日~4月10日 ¥99,000

インフォメーション

コロラド州を南北に走るロッキー山脈。ベース標高2,000m、山頂は3,000m以上。雪質は軽くてドライ、最高のパウダースノーが楽しめます。

フロントサイド

ヴェイル

中斜面が横に広がる構成で、雪上車で丁寧にグルーミングされているので、初心者も自分のシュプールを描きながらロングクルージングが楽しめます。

バックボウル

ヴェイル

一般的な圧雪された林間コースとは違い、自然のままの、一本のシュプールも残されていないバージンスノーエリア!

ブルースカイベイスン

ヴェイル

中級者でも安全に降りてこれるコースもありますが、コースをよく知っている人とご一緒に!

高山病

山頂標高は3527m以上。その標高でスキーなどの運動をすれば誰でも高山病になる可能性があります。
対策

  1. 疲れは禁物。体を慣らしながらスキーを楽しみましょう。
  2. 常に水分補給を!喉が渇いたら飲むのではなく水分を摂取すること。
  3. 腹式呼吸で呼吸を深く!呼吸を深くして体内に充分な酸素を送り込み、酸素欠乏状態を避け血液の循環を良くしましょう。
  4. アルコールの摂取・睡眠薬の服用・喫煙は避けましょう。

アクセス:デンバー空港から車で約2時間30分
公式サイト:http://vail.snow.com/
現在のベイルの天気:http://www.wunderground.com/US/CO/Denver.html