南半球・オーストラリアで日本の夏にスキーを|スレドボスキー場

オーストラリアスキー場

スレドボ&ペリッシャーバレー

グループ旅行、個人旅行の手配いたします

ニュー サウスウェールズ州ジンダバイン滞在

コジオスコ国立公園手前の湖畔のリゾート地として有名なジンダバイン、冬は2つのスキーエリアまでいずれも30~40分。両ゲレンデまでシャトルバスの運航があり、日替わりでお好きなスノーエリアにアクセスできます

スノーウィーマウンテン

ペリッシャーバレー、スミギンホールズ、グテガ、ブルーカウの4つの村から成り、47基のリフトを有するオーストラリア最大のスノーリゾート。列車(Perisher's Skitub)でゲレンデ場間がアクセス可能。7 つの山頂にまたがるゲレンデはブルーカウ山:標高1,994m、グテガ・ピーク:標高1,924m、ブルーカーフ山:標高1,905m、ペリッシャー山:標高2,054m、バック・ペリッシャー山:2,014m、ロッキー・ノブ:標高1,900m、パイパー山:標高1,830m。公式HP:https://snowymountains.com.au/

ペリッシャーバレースキー場

ビレッジベース1,720m、top標高2,054m、コースは初級22%、中級60%、上級18%、ベストシーズンは7月から9月、特徴的なスノーユーカリの木が景観を美しいリゾート地。ペリッシャーとスミギンホールズは相互に滑り込めリフト券も共通
公式HP:https://www.perisher.com.au/

スレドボスキー場

シドニーの南方520Km、キャンベラの南西、オーストラリア最高峰コジオスコ山(2,228m)のあるスノーウィ山脈と呼ばれる一帯です。スキー場として南向き斜面(北半球なら北向き斜面にあたります)がスレドボです。山の斜面に扇を開いたような形に設計され、Top標高2,037m、ベース1,365m、標高差672m、コースは初級16%、中級67%、上級17%、ベストシーズンは7月から9月
公式HP:https://www.thredbo.com.au/

旅のモデルコース

2022年9月現在の航空機やシャトルバスの運行状況を元に作成しております。コロナ感染症の収束状況などによりスケジュール変更の可能性もございます。又、宿泊地をペリッシャーバレー・リゾートに変更等、アレンジも致します。出発希望日がございましたらお問い合わせ下さい

1日目
金曜
夜:日本から空路シドニーへ
<機中泊>
2日目
土曜
朝:シドニー着後、入国手続き。乗り継いでキャンベラへ
<キャンベラ泊>
3日目
日曜
午前:シャトルバスでジンダバインへ約2時間30分のドライブです
午後:ジンダバイン着
<ジンダバイン泊>
4日目

7日目
4日間、スキーやスノーボードでお楽しみ下さい。ジンダバインからスレドボ、又はペリッシャーバレーはシャトルバスが運航、片道約1時間です
<ジンダバイン泊>
8日目
金曜
午後:シャトルバスでキャンベラ空港へ。空路シドニーへ
乗り継いで日本へ
<機中泊>
9日目 日本着後、帰宅の途へ

弊社ツアーは安心してご旅行して頂ける体制を心がけております。緊急時には現地提携会社で日本語による電話サポートもございます