icatch

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン

第4回冬季オリンピック(1936年)開催地。ガルミッシュ・パルテンキルヒェン鉄道駅と線路を隔て、東がパルテンキルヒェン、西がガルミッシュ

標高720~2962mで他のヨーロッパのスキーリゾートよりもベースは低いですが北斜面で日陰部分も多いことから雪質は良い。滑走期間/11月下旬~4月、リフト数/111基(オーストリア側を含む)、ゲレンデ総延長 /120km

現地発着パッケージ

ご出発日、人数によりアレンジいたします。お問合せ下さい。

1 土曜日 午前
日本よりヨーロッパ各都市経由、ミュンヘンへ。車又は電車でガルミッシュへ。<ガルミッシュパルテンキルヘン泊>
2~6 日曜日|
木曜日
終日 朝食:ホテル
終日、スキー&スノーボード。
夕食:ホテル<ガルミッシュパルテンキルヘン泊>
7 金曜日 早朝
午前
車又は電車でミュンヘン空港へ。
空路、ヨーロッパ各都市経由、日本へ。<機中泊>

航空便の到着・出発時間により空港⇔リゾート間をアレンジいたします。

インフォメーション

  • ツークシュピッツェ(Zugspitze) 標高2946m
  • ドイツ最高峰2962m。11月~5月迄オープンの氷河スキー場。抜群の眺望も堪能して下さい。街から車で約15分、アイプ湖からロープウェイで上がるルートと、駅の裏手から出る登山鉄道+ロープウェイを乗り継いで上がるルートがあります。

  • オスターフェルダー(Osterfelderkopf)標高2050m
  • 中・上級者向けのオリンピック・ダウンヒルコースとカンダハー・ダウンヒルコースがあります。ゲレンデ中心部から出ているロープウェイで登り少し下った地点が始まりです。どちらのコースも起点と終点は同じで右のコースがオリンピック、左がカンダハーです。カンダハーはワールドカップのクラシックレースコース、難易度の高いコースとしても知られています。

  • エッグバウワー(Eckbauer)標高1238m
  • フラットな緩斜面が多くコースも整備されています。

街の紹介・ガルミッシュ・パルテンキルヒェン

ドイツの最高峰ツークシュピッツェとアルプスピッツェの麓に広がる街。ツーグスピッツェはオーストリア(チロル州)との国境に位置し、ガルミッシュからは登山鉄道が、チロル側からはロープウェーが通じます。多くの国際競技が開催され、毎年1月1日に開催されるワールドカップジャンプ大会や、アルペンのアールベルグ・カンダハー大会は有名です。パルテンキルヒェン側の背後のヴァンク山に1708年建造の聖アントン教会があります。内部はロココ様式で飾られ、天井にJ.E.ホルツァーの見事なフレスコ画が描かれています。

アクセス:ミュンヘン空港から約130Km、オーストリアのインスブルック空港から60km(国境&山超え)

公式サイト:http://www.gapa.de/