バンクーバー島観光の魅力を満喫

ビクトリア

英国調の街並みとトーテンポールの文化、壁画の街シュメイナス

ビクトリア・ダンカン・ナナイモ滞在

ビクトリア

英国調

イギリス領時代の面影が残った街には歴史を感じさせる建造物も多く、写真映えするスポットも多数
*ブッチャード・ガーデン・・四季折々の美しい庭園。春から夏には沢山の花を、秋には紅葉を観賞できます
*ロイヤルBC博物館・・模型で再現された太平洋岸の荒波や原始林の中を歩きながら歴史と自然を観覧く
*アフタヌーンティー・・格式あるホテルで季節に合わせたセイボリーとスイーツをおいしい紅茶を。。至福の時間を楽しみましょう

旅のモデルコース

2022年12月現在の航空機や鉄道の運行状況を元に作成しております。コロナ感染症の収束状況などによりスケジュール変更の可能性もございます。又、観光などをプラスした宿泊に変更等、アレンジも致します。出発希望日がございましたらお問い合わせ下さい

1日目 バンクーバ着。定期バスに乗車、Tsawassen・トゥワッセン港からフェリーでビクトリアSwartzBay・シュワッベイ港に渡ります<ビクトリア泊>
2日目 午前中、四季折々の美しい庭園・ブッチャードガーデンと市内観光。午後は自由行動。格式あるホテルでアフタヌーンティで優雅な時間を過ごしたり、ロイヤルBC博物館で実際に触れながら(ガラスのショーケースに入っていない展示)自然史・人類史を知ることができる体感型の博物館もお勧めです<ビクトリア泊>
3日目 朝、レンタカーを借りドライブ開始。トーテムポールの街・ダンカンにお立寄り下さい。道に描かれている足跡に沿って街を歩き、カウチンカルチャラルセンターで原住民の歴史や文化を見学
観光客で賑わう都市から落ち着いた地方の村・カウチン・ベイで日暮れの赤く染まった空と海、心地よい時間をお過ごしください<カウチン・ベイ、又はダンカン泊>
4日目 壁画の街・シュメイナスにお立寄り下さい。案内所配布のマップを片手に壁画の街を散策。宿泊は港町ナナイモ、少し足を伸ばしてパークスヴィルのリゾートホテルも可能です<ナナイモ、又はパークスヴィル泊>
5日目 レンタカーでナナイモ港から車ごとフェリーに乗車。運転を一休みして海上で心地よい空間と潮風を感じて下さい。ホーシュベイ・HorseshoeBayへ渡り、バンクーバー市内でレンタカー返却。バンクーバーの街、ガス・タウンなどを自由に散策<バンクーバー泊>
6日目 ホテルチェックアウト後、スカイトレインでバンクーバー空港へ。空路、日本へ<機中泊>

弊社ツアーは安心してご旅行して頂ける体制を心がけております。緊急時には現地提携会社で日本語による電話サポートもございます

カウチンベイ&ダンカン|先住民文化が残る町

ダンカン

伝説や文化的伝承に基づいて彫刻されたトーテムポールは総数80本超え。道に描かれている足跡に沿って街を歩きましょう
町近くにカウチン族居住地があり、幾何学模様や動物模様があしらわれたデザインのカウチンセーターは、保温性・防水性が高く、丈夫で重量感があります
カウチンベイ・・ビクトリアから北西約60km、クルージングボートやヨット、漁船の静かな海。ベーカリー、雑貨屋さん、チーズ屋さん、カフェやレストランなどかわいらしい小さな店の街。この辺りはワイナリーも多い。ゆったりと海を眺めたい、静かに物思いにふけってみたいという人にはオーシャンフロントスイーツアットカウチンベイの宿泊もお勧めです

マラハットスカイウォーク・・2021年7月オープンの新しいアトラクション。!ビクトリア市内から約35Km、ダンカンに向かう手前にあります。ウェルカムセンター(カフェやギフトショップ)、ギャザリング・プレース、ツリーオォーク(広葉樹アビュータスやダグラスファーが約600m)で森のなか進み、ゆるやかならせん状の通路を歩き最上部(海抜250m)へ、美しい眺望が目の前に広がります。最上部の床は金属メッシュでアドベンチャーネットもありスリル感も楽しむこともできる。スライド(滑り台)は全長50mで下まで降りることも・・

シュメイナス|壁画の街

壁画

町中に描かれた壁画は完成度も高く、物語や歴史も面白い。 Native Heritage、Orcas(泳ぐシャチの群れ)、Spirit of the Earth(先住民の王女の彫刻)、Logging with Oxen(木材の輸送)、郵便局の壁画。戦争の様子と戦地から送られた手紙を読む女性などテーマは先住民族の遺産、かつては漁業、鉱業、林業の中心地として栄えた街の歴史、自然、移民まで様々。観光案内所で冊子(有料)を購入すれば詳しいストーリーも読み取ることができます
トランスカナダハイウェイ沿い、ビクトリアの北 80km、ナナイモの南32km

ナナイモ&BCフェリー

ナナイモ・・内海に面した美しい港町。チョコレートとカスタードが層になった甘いお菓子、ナナイモバーの発祥地としても有名です
タイ・ナ・マラ・・ナナイモから約33Km北、英国風コテージ(ログハウス)はのんびりとした森の中から自然と調和したリゾートがあらわれます。引潮のときは長い海岸が現われ、砂浜を散歩したり、干潟生物を観察したり。。ザ・グロット・スパは水での治療をコンセプトにしたスパで体の老廃物を排出してくれます

バスに乗ったままフェリーに乗船し、出港後は自由にフェリー内で過ごせます。バンクーバー~ビクトリア間は約1時間半の船旅。お天気が良い日でしたらデッキにでてみるのもおすすめです。大抵の場合風が強いので気をつけて。運がよければシャチなどをみることも。。フェリーの種類や大きさは曜日や時間帯などで変わります
BCフェリー:https://www.bcferries.com/

バンクーバー

街

日本からの玄関口、自然と都市が見事に融合された街。多様な文化が寛容に混ざり合い、気候も温暖で自然環境にも優れており、1年を通して過ごしやすい気候で夏でも平均気温は18℃ほど・・。スタンレーパーク内は水族館や動物園もあるので、家族でも楽しめます
ギャスタウン・・蒸気時計が名物で石畳の道路やレンガ作りの建物が立ち並ぶレトロな町並みが楽しめる

写真提供:BC州観光局,ビクトリア観光局