icatch

サンモリッツ

冬期オリンピックの開催地、スイス随一の高級リゾート。世界中から多くのスキーヤーが訪れます。1928年・1948年の冬季オリンピックのメイン会場でもあり、FISワールドカップなどの国際大会の会場になる事も・・

サンモリッツ


現地発着パッケージ

スイス列車と大人のリゾートでスキーを楽しむ企画です

1 土曜日 夕方
 
チューリッヒ空港から列車でサンモリッツへ<サンモリッツ泊>
2

6
日曜日|
木曜日
終日 朝食:ホテル
終日、スキー&スノーボード
夕食:ホテル<サンモリッツ泊>
7 金曜日 早朝
 
ホテルチェックアウト後、列車でチューリッヒで空港へ<機中泊>

弊社現地ツアーにご参加中、滞在先で予期せぬ緊急事態が発生した場合は、スイス国内・日本語サポートがございます

インフォメーション

エリアは大きく分けて3つです

コルヴィリア・corviglia/ピッツナイル

ドルフ地区からチャンタレッラ経由のケーブルカーで、バードからはシグナル・バーンというロープウエイでアクセス。又、セレリーナ(麓の街)からはゴンドラでアクセス。トップはピッツネイル。リフト22本・全30コース。最大高低差約1,100mの広大なゲレンデ。初心者・中級者用のコースやスノーパークも充実、家族連れや長期滞在も楽しめます。ピッツ・ナイルからサンモリッツの村までスキーで下るロングコースはベルニナ・アルプスと眼下の氷の湖を眺めながら最高の滑走が楽しめます

ドルフ地区からの頂上・ピッツナイルへのアクセス・詳細

サンモリッツの西側、標高3,056mの山。頂上から20mほど下に展望台がありゴンドラで行くことができます。街の中心・シュールハウス広場に面した図書館の左奥の道からケーブルカーへ乗車。途中チャンタレッラで乗り換えて、コルヴィリアへ。再び乗り次いでゴンドラ駅へ。頂上から20mほど下に展望台へ到着。サンモリッツ~ピッツナイルの所要時間は約30分~40分

コルヴァッチ・corvatsch

ドルフからは2番のバス、バードから1番のバスでアクセス。TOP3,303m、サンモリッツエリアで最も標高が高い氷河エリア

ディアヴォレッツァとラガルブ/diavolezza&lagalb

サンモリッツからバスで約30分、又はディアヴォレッツアはレーティッシュ鉄道ベルニナ線のベルニナ・ディアヴォレッツァ駅にも直結。裏手の大型ロープウェイ(2012年2月から107人乗りの新キャビン)で約10分、標高約3000mのディアヴォレッツァ展望台へゴンドラが1基、リフトが1基シンプルですが、コースが広く長く適度な斜度。高速スキーには最高のスロープとオフピステが充実しています。。
ラガルブは駅から200mほど離れています。両エリア間はバス移動です。
*ベルニナ・ディアヴォレッツァ駅はリクエストがない時に通過してしまう駅なので注意。希望の場合は、車内の入口ドア横にあるボタンを押すか、車掌にあらかじめ下車する旨を伝えてください
*ディアヴォレッツァ展望台(2985m)からはベルニナアルプスと迫力ある氷河を間近に眺望できます

大きく2つのエリア。中心のドルフと別荘地のような雰囲気のバード。ドルフは5つ星、4つ星ホテル、様々な高級ブランドショップが店をかまえるリゾート。

ドルフとバードは循環バスで5分、徒歩で約20分です

セガンティーニ美術館へは循環バスでアクセス可能(路線は複数ありますので乗車バスに注意)

セガンティーニ美術館

代表作「生成」「存在」「死」の3部作は建物2階で展示されています。北イタリア生まれの彼は、晩年エンガティンの山中に長く暮らし、アルプスの風景と生活を描きつづけたました(作品案内イヤホンガイド有り)
公式HP:http://www.segantini-museum.ch/

アクセス・スイス列車のインフォメーション

チューリッヒ空港から約1時間で途中駅クール(Chur)へ。レーティッシュ鉄道アルブラ線へ乗り換えます。クールからサンモリッツまでは約2時間です。乗り換え時間などを考慮して最短で3時間15分くらいです。
スイスの各駅の案内表示はドイツ語、英語、イラストなどでとわかり易く表示されており、駅員や車掌も英語を含むいくつかの言語を喋ることができますので外国人観光客に使いやすい環境が整っていて、安心して個人鉄道旅行が楽しめます
*スイストランスファーチケット(スイスの空港または国境駅からスイス国内の目的地への往復チケット)は2018年12月31日までの販売となりました。

ラゲージサービス Luggage

【スイス国内の主な駅→スイス国内の主な駅】

チッキと呼ばれる託送サービス。スイス国内の鉄道・バスの主要駅の窓口で取扱しています。19:00までに持ち込まれた荷物→翌々日の9:00以降にピックアップ可能。駅により営業時間、荷物の取り扱い時間が異なります。
■料金・・・荷物1個(最大25kgまで)につきCHF12
公式サイト:配送サービス可能駅

ドア・ツー・ドアラゲージ

スイス国内の指定住所→スイス国内の指定住所へ

スキー旅行は荷物が多くて大変!列車の車両の持ち上げ、乗換え時のホーム移動・・。日本の宅配便と同様に、住所指定で滞在地(ホテルなど)から目的地(次の滞在ホテル)まで、荷物を送ることができるサービスです。ホテルなど滞在している宿泊先を指定すると集荷にきてくれる為、駅の窓口まで荷物をもっていきチェックインしなくても良いので便利。滞在先のホテルから次の滞在先のホテルへ送れば、手荷物から解放され身軽にスキー+観光の旅を楽しめます
荷物を送る目的地までの乗車券(パス)を持っていることが原則条件。荷物は1個につき最大25kgまで。いくつでも送ることができます。

公式サイト:Door-to-door luggage


公式サイト:http://www.stmoritz.ch/