icatch

レマン湖畔の街・モルジュ

レマン湖を挟んで北側がスイス、南側がフランス。街ではフランス語が話され、食事やファッションも優雅でおしゃれな雰囲気を楽しむ街が多く点在します。

ジュネーブ発・パッケージ

湖沿いの遊歩道はゆっくり散策する人、点在してるベンチに座ってお友達とおしゃべり、本を読む人、各々の時間を楽しんでる地元の方のゆっくりとした時間がながれています。

1
ジュネーブ着。係員が(日本語)出迎え、空港駅へご案内&ご質問などの対応。列車で約45分、モルジュへ。<モルジュ泊>
2~3 自由行動。<モルジュ泊>
4
ホテルチェックアウト後、列車でジュネーブへ。

弊社現地ツアーにご参加中、滞在先で予期せぬ緊急事態が発生した場合は、スイス国内・日本語サポートがございます。詳細内容や料金などお気軽にお問合せ下さい

インフォメーション

モルジュ

街

レマン湖畔の町を結ぶ定期便やクルーズが停泊するモルジュ港は、船やヨットハーバーを眺めながら、ゆっくり散策するのがお勧めです。ジュネーブから列車で約45分と近く、4~5月はチューリップ・フェスティバル、6~7月は郊外のヴュイユラン城でアイリス、エメロカルが満開になり、8~10月は湖畔にダリアの花が美しい花の街としても有名です。町のメイン通りでは毎週水・土曜に朝市が開かれ、郊外のトロシュナ(歩いて約10分~15分)で晩年を過ごしたオードリー・へップバーンも訪れていたそうです。街のシンボルともいえるモルジュ城は現在は博物館になっていて、季節にはバラやダリアがきれいです。

ヴュイユラン城

湖

18世紀に建てられた歴史的な邸宅。約100haの敷地につくられた花庭園で5月下旬~9月下旬、季節ごとに美しい花が楽しめます。アイリス、エメロカルを中心に、バラやシャクナゲ、ラヴェンダー、イングリッシュ・ブルーベルなど。特に5月中旬~6月下旬のアイリスは有名です。(入園料約15Sfr)(http://www.jardindesiris.ch/)



レマン湖の街

湖
  • ローザンヌ
  • 湖の北岸の中央部に位置し、バレエや劇、音楽など文化の町としても有名です。エルミタージュ財団(美術館)のコレクションは個人からの寄贈・委託されているものが多く、印象派や後期印象派の有名画家の絵画を中心に、約600点の所蔵を誇っています。常設展としての一般公開はなく、所蔵品を中心とした企画展を年に2~3回、開催しています。ジュノー時計博物館で時計コレクションを眺めるのも時計好きな方にはお勧めです。ローザンヌ国際バレエコンクールでは、2011年に日本人ダンサー2名が入賞を果たしました。

  • モントルー
  • 優美なホテルやカジノが建ち並ぶエレガントな雰囲気の町。 隣のヴヴェイとともに、昔も今も多くのセレブに愛されるリゾートとして知られています。ベルエポックの時代には、オリエント・エクスプレスが走り、王侯貴族たちが集った華やかな歴史を誇り、古くからホテル産業が発展していきました。毎年、夏に開催されるジャズフェスティバルも世界的に有名です

  • ヴヴィ
  • チャップリンはヴヴェイ郊外に家を建て晩年を過ごしました。湖畔には彼の銅像もあります。美しい花壇の湖沿いの遊歩道、葡萄畑の間を縫うようにつくられた小道での散策や、船でレマン湖クルーズなどもおすすめです。世界的な企業「ネスレ」の本社があることでも知られています。

  • シオン城
  • 古城の雰囲気あふれるたたずまいは、イギリスの詩人バイロンの詩・シヨンの囚人、シヨン城詩の舞台として有名です。

世界遺産・ラヴォー地区の葡萄畑

ブドウ

レマン湖の丘陵に葡萄畑がローザンヌからモントルー郊外のシヨン城まで続きます。昔から変わらない葡萄づくり、ワインづくりの伝統が高く評価され、2007年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。ローザンヌ近郊のキュリー村や、ヴヴェイ近郊のリヴァRivaz、シェーブルChexbres、サン・サフォラン St.Saphorinなど村の周辺に広がる葡萄畑をゆっくりと歩くのがお勧めです。

湖

ヴヴェイからローカル線でシェーブル村、リヴァやサン・サフォランへ。照らされたレマン湖面を眺め、小さなレストランやカフェで休みながら葡萄畑の間の道を歩くのは、自然の恵みと喜びに癒される時間です。ワイン好きの方はシェーブルの村にあるワインカーブで試飲もお勧めです。